C言語でのif文による条件分岐とelseで条件式を複数書く方法

C言語に関する画像

下記はC言語でif文を使い、「読み込んだ整数値が5で割り切れなければ、その旨を表示する」というプログラムのサンプルコードです。


/*
  読み込んだ整数値は5で割り切れないか
*/

#include

int main(void)
{
  int vx;

  printf(“整数を入力してください:”);
  scanf(“%d”, &vx);

  if(vx % 5)
    puts(“その数は5で割り切れません。”);
  
  return (0);
}


実行例1
整数を入力してください:17
その数は5で割り切れません。

実行例2
整数を入力してください:15
15



サンプルコードの中に書かれているifは、もちろん英語のそれとほぼ同じであって「もしも」という意味です。
この部分は
「if ( 条件式 ) 文
という形になっていますが、このような文をif文と呼びます。
if文の働きによって、プログラムの動作は以下のようになります。

「式を評価して、その値が非0であれば文を実行する」

サンプルコードのif文の条件式は「vx % 5」です。
この式を評価することによって得られるのは、vxを5で割った余剰ですから、その値が非0であるとき、すなわちvxの値が5で割り切れないときにのみ、続く文である

「puts(“その数は5で割り切れません。”);
が実行されることになります。

なお、読み込んだ整数値が5で割り切れるときは、文は実行されず何も表示されないことが、実行例からも確認できます。


条件式を複数書く方法

先ほどのサンプルコードを実行しても、読み込んだ値が5で割り切れるときは、黙りこくったままです。
これだと、プログラムを使っている人が不安になるかもしれませんので、5で割り切れるときにも、その旨を表示するようにしましょう。
そのプログラムのサンプルコードが下記です。


/*
  読み込んだ整数値は5で割り切れないか割り切れるか
*/

#include

int main(void)
{
  int vx;
  
  printf(“整数を入力してください:”);
  scanf(“%d”, &vx);
  
  if (vx % 5)
    puts(“その数は5で割り切れません。”);
  else
    puts(“その数は5で割り切れます。”);
  
  return(0);
}


実行例1
整数を入力してください:17
その数は5で割り切れません。

実行例2
整数を入力してください:35
その数は5で割り切れます。


このプログラムで用いているのが、

「if ( 条件式 ) 文1、 else 文2」

という形式のif文です。
これによって、式を評価した値が非0であれば文1が実行され、そうでなければ(0であれば)文2が実行されます。

入力された値が5で割り切れるときにも、その旨を表示できるようになったことは、実行例からも確認できますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です