海外と比べての日本のいいところ悪いところ一覧

日本の桜の画像

海外と比べての日本のいいところ

・日本ほど多彩な世界のグルメが高いレベルで食べられる国はありません。

・日本では決めたことが実行されます。
家具を買って配送を頼むと予定日に届き、電車は決まった時間に出発します。
このような日本にとっては当たり前なことが海外では信じられないようなことなのです。

・治安がいい、真夜中に女性がひとりで歩ける、世界では稀な安全な環境です。

・治安とともに、テロも少なく、1995年のサリン事件以来15年起きていません。

・核兵器を持たない、戦争もしない、と公言している国なため、危険の少ない国といえます。

・格差が少ない。
最近は日本でも格差、貧困問題が云々されますが、世界基準でいえば日本はまだかなり平等な国と言えます。


・宗教がゆるい。
日本は神を信じなくていいからすごく自由です。
アメリカのキリスト教、中東のイスラム教など、個人の生活様式はもちろん、法律や国の政策にまで影響しています。

・日本は自然と四季が多彩です。
北海道と沖縄をひとつの国の中にもっていて、日本海側と瀬戸内、太平洋側は違った海の表情があり、山と緑に覆われた内陸にもそれぞれに個性があります。
加えて四季もある多彩さです。

・店員のサービスがいい。
海外では、自分の範囲外の仕事はしない、という人が多いですが、日本では、お店に入ると、誰に聞いても、どこに商品があるかを丁寧に教えてくれます。

・公衆トレイがきれいで、治安もいいため、安心して利用できる

・公共の乗り物もきれいで、安心して乗れる。

・生活保護により、最低限の生活が保障されている。

・日本は人口密度も高いため都市がコンパクトになっており、東京は特に交通網が発達している



海外と比べての日本の悪いところ

・日本人は「シャイ」「従順」「誠実」など堅いイメージを持たれている

・時間に厳しく、みんな急いでいてあわただしい

・外交が下手、政治家も内弁慶で、外では物が言えないし、アピール下手。

・他人に素っ気ない、外国人は他人にもフレンドリーに接する人が多いが、日本ではまずありません。

・日本語が難しい。
外国人にとっては平仮名、片仮名、漢字で構成される日本語を理解するのは非常に難しく、道路標識や看板、電化製品は全て日本語のみの表記なので生活が困難だと言います。

・起業家が少ない。
日本人は横並びが好きで、お金を稼ぐ行為は悪、というイメージもあるため、優秀な起業家がうまれにくいと言われています。

・人口が都市に密集し過ぎていて、大都市の地価や不動産価格、生活費が高い。


・海外のような寛大さがない。
少しでも迷惑のかかることがあると、集団で怒り、責める。

・外国人からは、日本人ははっきり態度を示さない優柔不断だと見られる。

・少子化が進み、今後、改善される見込みもない

・天皇制。実権はほぼないが、天皇を侮辱することは絶対に許されない

・日本人は苦しいことがあっても笑顔で耐えぬくことが良しとされる。
そのため、ストレス社会といわれる。

・都会集中型の日本では、極端な都会でも、極端な田舎でも、生活環境は悪いと言えます。日本全土がその中間になるよう、政府が地域バランスを考慮しないといけません。

・地震や台風など災害が多い

・日本社会は男性優位。

・人の個性をあまり重んじず、突出した人を排除しようとする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です