動画投稿で収入を得る方法、Youtubeやニコニコ動画

youtubeと書かれた画像

動画投稿で収入を得る方法はいろいろありますが、一番わかりやすく、簡単なのは「Youtube」を使う方法です。
Youtubeがなぜ簡単かというと、グーグルが運営しているため動画投稿をした後は、設定さえしておけば「グーグルアドセンス」という自動広告システムにより放っておいても広告収入が得られるからです。
もちろん、グーグルアドセンスなけでなく、コメント欄や動画への差込リンクを使ってそれ以上の収入を狙うことも可能です。

ただし、グーグルアドセンスは元々はブログなどのホームページに貼り付ける広告サービスで、グーグルアカウントを作成したあと、そのサービスを利用するのと同様の手続きをすませておかなくてはいけません。
すでにホームページなどでグーグルアドセンスを利用している人は必要ありません。

どれくらいの収入が得られるか

以前は再生数1000回あたり100円以上とされてきたYoutubeの広告収入ですが、現在は50円以下という場合も少なくありません。
ただ、動画の質や長さ、広告の差込位置、ジャンルによって違ってくるので一概にはいえません。
仮に1000回再生あたり50円以下でもYoutubeほど動画投稿による収入をえやすいサービスは他にありませんので多くの人が選択しています。
どちらかというと再生数あたりの収入を増やそうとするよりも再生数自体を増やすことに力を注いだほうがいいと思います。

再生数を増やすには質の高いおもしろい動画を投稿することも大事ですが、それ以上に「タイトルやサムネイル」に工夫して検索にひっかかりやすくしたり、Youtubeを見ている人がクリックしたくなるようにするのと、「チャンネル登録」をしてもらい、新しく動画を投稿した際、見てもらいやすくすることが重要です。

そのために「ユーチューバー」といわれる人の多くはサムネイルに動画の内容を解説するコメントを大きくいれたり、動画の最後に「チャンネル登録お願いします」というような内容を入れたりしています。


グーグルアドセンスの注意点

グーグルアドセンスは他の広告サービスよりも規約が厳しく、アカウントをサービス停止を受けたらもう再登録はできないとされています。
特にYoutubeでは著作権侵害に厳しいため注意をする必要があります。
一番多いのがYoutubeで半年以内に著作権侵害の通知を3回以上受けることでYoutubeアカウントが停止されるというものです。

これはあくまでYoutubeアカウントの停止でグーグルアドセンスまで停止されるとは限りませんが、その可能性はありますし、何度も繰り返していると永久停止は免れないでしょう。

また、著作権侵害でなくてもアダルトな内容が含まれていると規制、または削除の対象となる場合があります。


Youtube以外の動画投稿で収入を得る方法

Youtube以外の動画投稿サイトで最も有名なのはニコニコ動画でしょう。
このニコニコ動画にもYoutubeと同じように自動広告システムで広告収入を得られるサービスがあります。
ただし、Youtubeと違い、月10000万以上いかないと換金できず、ニコニコポイントにされてしまうので敷居は高いと思います。
一番いいのはYoutube、ニコニコ動画の両方に作った動画を上げるようにすればいいと思います。
ただ、ニコニコ動画は動画中にコメントが表示され、誹謗中傷も多いためそれが嫌な人はやめておきましょう。
また、Youtubeと違い、爆発的なヒットは出やすいですが、長期にわたって再生数が増えていく動画はまれですし、おもしろくても埋もれる動画が多いように感じます。

ほかのサービスではFC2動画がありますが、これは広告こそ出るものの、投稿者には分配されず、かわりにその動画からFC2動画の有料登録をしてくれた場合のみ1000円ほどの収入が得られる仕組みになっています。
そのため、収入を得るにはYoutubeやニコニコ動画よりも工夫、テクニックがいるため難しいと思います。
そのかわりFC2動画はアダルト版のサービスもあります。

あとは動画投稿サイトを使わずホームページなどに動画を投稿しそこにi-mobileなど動画広告を提供しているサービスを利用する方法もありますが、そもそもホームページに人を集めること自体に苦労をするため、それならばYoutubeを使ったほうが楽だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です