web2.0とは何か、web1.0との違いについてなど

webの画像

Web2.0の「2.0」とは、ソフトウェアなどのバージョンに使われる記号です。
要するに、初期のウェブをバージョン1.0だとすれば、バージョン2.0の段階に来ているということを表しています。
つまりこれまで行われていたビジネスモデルやウェブ技術の次の段階として考えられているコンセプト・技術のことを「Web2.0」として表現しているのです。

Web2.0とは、米オライリー社のティム・オライリー氏が提唱した論文「What is web2.0」を発端としています。
彼とその賛同者は、Web2.0を具体化するプレーンストーミングのなかで、Web1.0との違いについて、下記のような様々な事例を掲示しています。


Web2.0とWeb1.0の違い

Web1.0
・ダブルクリック
・オフォト
・MP3ドットコム
・ブリタニカオンライン
・個人ウェブサイト
・ドメイン名の投機
・ページビュー
・パブリッシング
・CMS
・ディレクトリ
・スティッキネス

Web2.0
・グーグルアドセンス
・フリッカー
・ナップスター
・ウィキペディア
・ブログ
・SEO
・クリック単価
・ユーザー参加型
・ウィキ
・タグ付け
・シンジケーション

Web2.0では情報の受け手だった消費者が大きな役割を果たす



Web1.0の様々な考え方に対して、Web2.0の大きな特徴は、Web1.0が情報の送り手の論理で作られているのに対し、Web2.0では情報の受け手=消費者側が大きな役割を果たしていることです。

たとえばグーグルアドセンスなどのコンテンツ連動広告は、送り手の論理で見せるバナー広告に対して、ユーザーのウェブサイトに最適な広告をカスタマイズして送り込むメディアです。

ブログも、まさに一人ひとりの情報発信を容易にする技術であり、ブログを作る人同士がつながることができるメディアです。
ウェブの進化を、ネットを利用するユーザー=消費者との関わり方の視点で表したものがWeb2.0だとすることができるでしょう。

それでは、どんなものがウェブ革命を起こすWeb2.0であるといえるでしょうか。
Web2.0を考える上で今、語られているキーワードは「CGM]「ウェブベース」「集合知」の3つに集約されそうです。
「CGM」とは「Consumer Generated Media」のことですが、文字通り消費者が生み出すメディアのことです。
具体的には、ブログやSNSといった消費者自身が直接情報の送り手となっているメディアが代表例です。
SNSというのは、簡単にいうとウェブ上につくられた会員制の社交場のようなもので、ミクシィが日本では代表例です。


CGMといえるものにはこのほか、口コミサイトなど利用者が商品を評価する情報が強化されたウェブメディアがあります。
一人ひとりの知っていること、感想が集まって、モノの売り手からの情報に加えて、買い手の情報を参考にできるこの新しいメディアは、最新のウェブがもたらした「消費者自身が作り上げるメディア」であり、みんなの知を結集した「集合知」なのです。

口コミサイトやブログ、ミクシィに代表されるSNSといった、消費者が直接的に参加しているメディアは、Web2.0的なものとして理解しやすいと思います。
ところが実は、消費者が間接的にそれと気づかなくてもメディアを創ったり、サイトの価値を高めている例もあります。

書籍を中心としたオンライン・ショップのアマゾンでは、利用者がある書籍の情報をひとつでもチェックすると、次にアマゾンにアクセスした途端、アマゾンのページにはあなたへのおすすめ情報が表示されています。
たとえばサッカー選手の自伝をチェックしたら、サッカー関連の書籍、グッズの商品紹介が表示されますし、ダイエットのノウハウ本をチェックしたら別のダイエット成功談の本や健康器具の紹介が表示されています。

このシステムは完全に自動化されており、誰かが人手で加工したりしているわけではありません。
すべてアマゾンを訪れる人の情報収集、購買行動を他の人の購買行動支援の参考データとして利用しているのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です