産業廃棄物と一般廃棄物とは何か、廃棄物処理法での違いと種類を解説

廃棄物のイラスト

廃棄物処理法では廃棄物を大きく「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に区別しています。
法の第2条第2項では産業廃棄物でないものが一般廃棄物であると定義され、その後、第2条第4項により産業廃棄物についての規定がなされています。

廃棄物を産業廃棄物と一般廃棄物に区別する理由は、法律で定められた処理責任の主体の違いによります。
産業廃棄物は排出事業者が処理責任を負い、一般廃棄物は市町村が適正な処理について必要な措置を講ずると定められているためです。

第2条第4項による産業廃棄物の定義は下記のようになっています。

第1号:事業に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物

第2号:輸入された廃棄物

同じ種類の廃棄物であっても、たとえば家庭から排出されるプラスチックごみは一般廃棄物ですが、事業所より排出されるプラスチックごみは産業廃棄物として扱われます。


一般廃棄物の種類

一般廃棄物のうち、ごみは「事業系廃棄物」と「家庭廃棄物」に区分されています。
法律で規定された区分ではありませんが、法の第3条第1項に「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない」と定めがあるため、「事業系廃棄物」は一般廃棄物であっても、事業者が処理を主体的に行うことを期待されていることによります。

特別管理廃棄物

このほか、「特別管理廃棄物」という区分が産業廃棄物、一般廃棄物にそれぞれ用意されています。
文字通り、特別に管理をすることが必要な廃棄物のことを指します。
医療系廃棄物やPCB,石綿、高濃度の酸やアルカリ、揮発性の高い液体、毒性の強い廃棄物などが法律により指定されています。
有害性の高い廃棄物ですので、その取り扱いについては、排出事業者が行う「保管」から、「収集・運搬」、「処分」にいたる処理の全工程について厳格な管理方法と処分方法が条文により定められています。

このように廃棄物処理法における廃棄物は「家庭廃棄物」「事業系一般廃棄物」「特別管理一般廃棄物」「産業廃棄物」「特別管理産業廃棄物」の5種類に分類されています。


産業廃棄物の定義と種類

産業廃棄物とは、廃棄物処理法に定める20種類の廃棄物を指し、すべての業種で産業廃棄物に該当するものと、対象業種が限定されているものに分類することができます。

事業指定のない産業廃棄物
・燃え殻
・汚泥
・廃油
・廃酸
・廃アルカリ
・廃プラスチック類
・ゴムくず
・金属くず
・ガラスくず
・コンクリートくず
・陶磁器くず
・鉱さい
・がれき類
・ばいじん
・航行廃棄物
・携帯廃棄物および産業廃棄物を処分するために処理したもの

業種指定のある産業廃棄物
・紙くず:建設業に係わるもの、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、制本業、印刷物加工業から生ずる紙くず

・木くず:建設業に係るもの、木材または木製品製造業、家具製品製造業、パルプ製造業、輸入木材の卸売業および物品賃貸業から生ずる木材片、おがくず、バーク類等貨物の流通のためにしようしたパレット等

・繊維くず:建設業に係るもの、繊維工業から生ずるも木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず
・動植物性の不要物:食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業から生ずる動物または植物の固形状の不要物

・動物系固形不要物:と畜場において処分した獣畜、鳥処理場において処理した食鳥に係る固形状の不要物

・畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等のふん尿

・動物の死体:畜産農業から排出される牛、馬、豚めん羊、にわとり等の死体


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です