赤ちゃんの便秘の原因とその改善方法

便秘が改善されて元気な赤ちゃんの画像

排便のリズムには、赤ちゃんでも個人差があります。
スムーズにうんちが出ていれば心配無用ですが、出すのが苦しそうなら便秘対策をしましょう。

便秘とは、赤ちゃんの便秘の原因について

食べたものは消化、吸収されて腸に送られ、腸の蠕動運動によって肛門へと押し出されます。
このとき、蠕動運動が活発でないと腸内に長くとどまってしまい、水分が吸収されてかたくなり、結果として便秘が起こります。

便秘は、何日もうんちが出ないだけでなく、排便にリズムがなく、おなかが張って苦しい、力んでもなかなか出ない、コロコロうんちしが少ししか出ない、などの状態のことです。
たとえ一週間に数回でも、スムーズに健康的なうんちが出ていれば便秘とはいいません。

赤ちゃんの場合は、母乳やミルクの量が足りないと便秘しやすくなります。
1歳を過ぎた子供の場合は、食べる量や食物繊維が少なかったり、運動不足だったりすることが原因です。
便秘で苦しがっているときは、浣腸をしてあげましょう。
また、食習慣を含めた毎日の生活を見直し、予防することが大切です。

あとは、便秘が起こる原因として、トイレトレーニング中のママの心ない言動が問題になることがあります。
いちいち「うんちは?」と聞いたり、出そうになったら大騒ぎしたりと、あまり子供にプレッシャーをかけないようにしたいものです。
また、失敗してもいやな顔をしないこと。
うんちが汚いと教え込まないこと、子供は、ますますうんちをしなくなります。


赤ちゃんが便秘かどうかの判断ポイント

・一週間以上、排便のない状態が何度も起こる
・排便の際、痛がる
・便がかたく、肛門が切れて出血している
・お腹が張って苦しそうにしている
・麺棒浣腸をしても、うんちが少ししか出ない

このような症状が見られたら様子を見、改善がなければ病院へ連れて行きましょう。
また、浣腸をしたとき「ドロドロのうんちや血便」が出た場合にはすぐに病院へ連れて行ってあげてください。

また、病院へ行く際ドクターへの報告ポイントとして下記のような項目があります。

・いつごろから便秘になったか
・最後にうんちが出たのはいつか
・便のかたさや色などの状態はどうか
・普段の排便の間隔はどのくらいか
・肛門から血が出ているか
・機嫌はよいか
・食欲はあるか
・体重は増えているか
・腰痛や嘔吐など、ほかに症状はあるか


赤ちゃん、子供の便秘の改善方法

・食物繊維を増やす
便秘のときは、食物繊維を多く含んだものをとることが効果的です。
野菜や果物、海藻類などを積極的にとるように。
ヨーグルトやオリゴ糖など、腸内細菌を増やすものもおすすめです。
また、意外に忘れがちなのが適度な油分です。
うまくメニューに取り入れましょう。

・綿棒浣腸でおしりを刺激
ずっとうんちが出ていなくて、機嫌が悪くなってきたときには、綿棒浣腸で出してあげましょう。
市販の浣腸薬を使う場合は、医師に相談をしてみてください。
便秘以外に症状がある場合は、悪化することがあります。
また、必ず年齢に合ったものを使用しましょう。

・おむつ交換時にお腹のマッサージを
おむつを替えるときに、下腹部のあたりをゆっくりとさすると、腸の動きを活性化させて便が出やすくなります。

・体をよく動かす
体を動かすと全身の血の巡りがよくなり、結果的に腸の蠕動運動が活発になります。
赤ちゃんの場合は、足を伸ばしたり縮めたりの体操を。
子供の場合は、外でたっぷり遊ばせましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です