SaaS、PaaS、IaaSとは、それぞれの違いとメリットを解説

SaaSやIaaS用のサーバの画像

SaaSとは

SaaSとは、「Software as aService」の略で、従来のようにユーザ側のPCにアプリを導入するにではなく、「サーバ側で稼動させたソフトウェアの機能をネットワーク経由でユーザに提供するしくみのサービス」を指す用語です。
多くの場合、SaaSにはWebブラウザによってアクセスできるため、場所や環境を選ばずに利用できます。
そのほかに、専用のクライアントソフトウェアをインストールして利用する形態のサービスや、Webぶらうざ向けと専用クライアントの両方のUIが用意されているサービスなどもあります。

SaaSの利用者は、ソフトウェアの全機能ではなく必要な機能だけを選んで使うことができ、利用状況に応じた分の料金を支払います。
自前でソフトウェアを購入する場合と違って、不要な機能のためのコストを削減できる点やバージョンアップをはじめとする運用・保守面での手間を省ける点などが大きなメリットです。
一方で、万が一サーバやネットワークに障害が発生した場合には一切の機能が利用できなくなるため、導入の際には可用性やレスポンス性能などのサービスレベルについて十分に検討することが重要です。

SaaSには、企業内で利用する業務アプリケーションの機能を提供するものから、個人でも利用できる単体のアプリケーション機能を提供するものまで、さまざまな規模のサービスがあります。
業務向けSaaSの例としては、財務会計管理や文書管理、人事管理、CRM、Eコマース、社内コラボレーションサポートなどがあります。
個人向けのものとしてはメールやワープロ、表計算、Webアルバム、ストレージサービスなど非常に幅広い種類があります。


PaaSとは

PaaSとは、「Platform as a Service」の略で、「アプリケーションを構築・稼動させるためのプラットフォームをネットワーク経由で提供するサービス」を指す用語です。
PaaSでは、アプリケーションの実行環境やデータベース、ネットワークインフラ、開発ツール、運用ツールなどが提供され、ユーザはそれを利用して自前のアプリケーションを構築することができます。

通常、インターネット上で何らかのサービスを提供するためには、サーバ機器やデータベース、OS、ミドルウェアなどの環境を整える必要があります。
PaaSを利用することによって、開発者はこれらの構築作業や保守作業を省略し、サービスの開発という本来の作業に専念することができるようになります。

PaaSを利用するもう1つのメリットは、最小限の投資でサービスを開始できるということです。
新しいサービスを始める場合、それが将来的にどの程度成長するかを見積もるのは難しく、結果としてインフラに拡張の余地を設ける必要が生じます。
PaaSであればリソースの追加や削除が容易にできるため、サービス規模の見積もりが難しい場合でも余剰リソースを意識する必要がありません。


IaaSとは

IaaSとは、「Infrastructure as a Service」の略で、「コンピュータシステムの構築および運用のためのインフラそのものをインターネット経由で提供するサービスの総称」です。

IaaSによって提供されるのは、サーバ設備やネットワーク機器などのハードウェア、ストレージ、OSなどといった、コンピュータシステムのもっとも基盤となる部分です。
ユーザはこれらの設備を自身で用意することなく、使用したいリソースやストレージ容量などを選択し、その上に自前のシステムを構築することができます。
一般的にIaaSの利用料金は使用したCPU時間やストレージ容量、データ転送量などに応じてきまります。

通常、IaaSの環境は仮想化技術を利用して構築されています。
つまり、物理サーバ上に複数の仮想マシンを搭載し、それぞれの仮想マシンをユーザに対して貸し出すという形式です。
仮想マシンに割り当てるリソースは動的に変更できるほか、仮想マシンgと別の物理サーバに移動させることもできるなど、物理サーバそのものを貸し出す場合に比べて、ユーザの要求に柔軟に対応することができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です