四季の変化する理由と仕組み、日本に四季がある理由を解説

日本の四季を表現した画像

四季折々の変化が見られる国として、日本は世界に知られています。
冬にはたくさんの雪が降って、たいへん厚い積雪が見られます。
春には桜に代表される花が、日本列島を横断します。
梅雨の時期には雨が降り続け、親縁が美しく日本列島を覆います。
夏は蒸し暑い日が続きます。
そして台風がやってきて、空の澄み切った秋の季節になります。
そしてまた、正月がやってきて、雪の深い冬が訪れます。


このような四季の変化は、どのような理由、仕組みがあるのでしょうか。
まず第一は、気温の変化が著しいということです。
そして、雨の降り方、雪の降り方が一年で大きく変化するということがあります。
これらの気温の変化や降水量の変化が、日本列島に四季折々の変化をもたらすのです。
俳句で詠まれる季語は、京都を中心に編集された歴史がありますから、四季折々の変化を表す季語では、京都の自然現象が中心に表されています。
しかし日本列島は南北にたいへん長い列島です。
北緯20度から北緯45度までの間に日本列島が存在し、その上をさまざまの季節感が変化して移動していきます。
それをわたしたちは、たとえば桜前線とか紅葉前線などと呼んで、生活の潤いのもとに活かしています。

日本列島の大きな特徴の1つに、日本海の存在があります。
中緯度で縁辺海を持つ国は日本だけです。
その日本海には暖流が流れ込んでいて、大量の水が海面から蒸発し、それが大陸からの風に乗って列島へやってきます。
日本海を長く風が渡ってくるところほど、大量の水を運んでくるので、冬の積雪量が多くなるとうような規則性のある性質を見てとることができます。


なぜ気温が変化するのか、そのわけはよく知られています。
地軸が23.4度、公転軌道の面に対して傾いて太陽の周りを廻っているからです。
しかし、地軸の傾きがなぜ23.4度になっているのか、それはまだよくわかっていません。
その地球の傾きがたいへんうまい傾きであるために、四季折々の変化が生まれるのです。
とくに日本のように、中緯度にある国では、四季の変化が目立っています。

その地軸の傾きを安定に保っているのが、月の引力です。
月はとても大きな衛星で、強い引力で地球を引っ張っています。
手綱のように引っ張ってくれるお陰で23.4度の傾きが安定に保たれているのです。
昔も今もこれからも、地球の上で、日本列島の四季折々の変化は、月のお陰でずっと安定して保たれていると言えます。

地球のように、うまい傾きで廻っている星はそれほどたくさんありません。
宇宙の中で浮いている星ですから、少し小さな星でもぶつかったりすると、地軸の傾きが変わることもありえます。
月のお陰で地球にはそのようなことが起こらないのですが、ほとんど横向きになって廻っている惑星もあります。
たとえば天王星は、公転軌道に対して自転軸は97度の傾きで廻っています。
しかも天王星は84年の公転周期で太陽の周りを廻っていますから、地球とはずいぶん違う雰囲気の星になっていると思われます。

地球は太陽の周りを楕円の軌道で安定して廻っています。
太陽はこれから50億円にわたって、地球にたっぷりとエネルギーを供給してくれる天体です。
この太陽のお陰で、日本列島には四季折々の変化が、同じようなリズムで繰り返し発生するのです。
そのような四季折々の変化を当然のように楽しめる日本人はとても幸せかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です