PTAの活動目的と活動内容とは

PTAの活動目的となる学童の画像

PTAとは、教科書的に言えば、「父母と教員とが協力して、家庭と学校と社会における児童・青少年の幸福な成長をはかることを目的」にした団体です。

PTAの活動目的は大雑把に言えば「児童・青少年の幸福な成長をはかること」です。
しかし、実際にどのような活動をしているかは、それぞれのPTAによって異なるので、一概に言うことはできません。

厳密に言えば、PTAの目的や活動は、それぞれのPTAによって異なります。
もし自分の子供が通う学校のPTAの目的や方針について知りたければ、それぞれのPTAの規約を見てみるといいでしょう。

ただし、PTAはもともと、戦後間もない頃に文部省からの指導によって全国の学校につくられたとの経緯があるために、共通する部分も多いです。
長い年月の間にそれぞれの学校のPTAは何度も規約改正を行い、独自の進化を遂げましたが、理念についてはそれほど変わっていないかもしれません。


PTAの活動内容

・学校の活動の支援
運動会や学芸会や入学式・卒業式における準備や運営のお手伝い、夏休みのプール開放の監視、校舎の清掃や校庭の草むしり、授業参観や給食の試食界、運動会の参加費や卒業記念品の購入、ベルマークやバザーを通した学校への寄付、先生方の歓送迎会の開催と運営、などになります。
多くのPTAでは、このような学校のお手伝いがメインの活動内容となっています。

・地域や家庭での子供の育成活動への支援
子供の非行や不審者などを取り締まる地域のパトロール、通学路での交通事故などを防ぐための旗振り、青少年指導協議会など地域の会合への参加、子育てに関する講演会や講習会などの企画と運営、子供のためのスポーツ大会やお祭りなどの企画と運営、などになります。

・PTA会員の親睦や学習のための活動の開催
PTA会員の親睦会の開催と運営、広報誌の作成と配布、成人病や介護やパソコンなどPTA会員が興味を持ちそうなテーマに関する講演会や講演会の企画と運営、バレーボールや手芸などPTA会員によるサークル活動の企画と運営、などになります。


・PTAという組織の運営に関する活動
それぞれのPTAには総会や役員会があり、それらの開催と運営が必要です。
また、それぞれの学校のPTAは単位PTAと呼ばれ、ほとんどの場合、市や区などの地方自治体によるPTA連合会に所属しているため、PTA連合会の活動にも参加する必要があります。


このように、PTAの活動には児童のためのものだけでなく、PTA会員同士の親睦を含めるものもありますが、PTAは基本的にすべての保護者が会員として所属する団体なので、なかにはさまざまな意見を持つ方がいます。

たとえば、「PTA会員同士の親睦は子供とは無関係だから不要」という声もあれば「いや、子供同士で問題が起きたときに会員同士が知り合いであったほうがよい」という反論もあります。
「保護者に負担を強いるPTAという組織自体がいらない」という過激な意見もありますし、「PTAは必要だと思うけど、忙しいので参加できない」という人もいます。

PTAは、主に子供のためにいろいろな活動をしていますが、その活動内容に対しては賛否両論があります。
また、PTAは自主運営の団体なので運営役員が必要ですが、その役割は結構大変で、なり手が見つからないときもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です