OB・OG訪問のメリットと準備、質問内容について

OB・OG訪問のイラスト

OB・OG訪問のメリット

企業がどんな人材を欲しがっているか、どんな社風、職場環境なのかは実際に働いている人の生の声を聞くのがいちばんです。
そのためにおこなうのがOB・OG訪問です。
志望する業界・企業の社員に積極的に会って、仕事内容や会社の様子について聞いてみましょう。
早い時期にOB・OGと会って話すことは社会人とつきあうことに慣れる絶好の機会ですし、面接の練習にもなります。
できるだけ多くのOB・OGに会うために、活動が本格化する前に開始するようにしましょう。

たとえ志望企業にOB・OGがいないからといって、簡単にあきらめてはいけません。
あなたと社会人の接点はいろんなところに転がっているはず。

OB・OGの探し方

・大学の名簿を利用する
就職部やゼミ・サークルの卒業者名簿から、気になる業界・企業に就職した先輩を探しましょう。
連絡先が明記されているのでアポイントもスムーズにいくでしょう。


・アルバイト先の人脈を利用する
アルバイト先の先輩や上司に、気になる業界・企業に勤めている知人がいないか聞いてみましょう。
日頃から仲良くしていれば快く紹介してくれるはずです。

・親・親戚の人脈を利用する
社会人経験の豊富な親、親戚のツテを捜せば、管理職クラスの意見を聞くこともできます。

・企業の人事部に相談してみる
少し勇気がいりますが、気になる企業の人事部に電話をし、社員を紹介してもらえないか聞いてみましょう。
良心的なところなら紹介してくれる場合もあります。

・他大学の友人の人脈を利用する
自分の大学のOB・OGがいない場合、他大学の友人にOB・OGを紹介してもらうという手もあります。
志望業界が同じなら友人と一緒に会ってもいいでしょう。

・SNSを利用する
フェイスブックやツイッターなどで検索してOB・OGを見つけ、コンタクトをとってみましょう。
くれぐれも失礼のないよう、丁寧に。
運がよければ時間を割いてくれる可能性もあります。


OB・OG訪問が始まったら

OB・OGは忙しい中わざわざ時間をさいてくれるのですから、時間は無駄にしないよう心がけないといけません。
会社案内やホームページ、就職情報誌などできちんと下調べをしておくのは当然だし、そこでわかる情報については聞かないのが礼儀です。
当日は効率的に質問できるよう、知りたいことを整理してノートに書き出しておくほうがいいでしょう。
もちろん、話を聞くときはメモを取るようにします。

OB・OGに聞くことは大きく2つに分けられます。
「会社・仕事」についてのことと「就職活動」についてです。
質問内容はOB・OGの会社内での位置づけや、自分との関係によっても変わってきます。
臨機応変かつ、もれなく取材するようにしましょう。

OB・OG訪問で聞いておきたいこと

・会社・仕事について
・なぜこの会社を選んだのか
・仕事内容とやりがい
・つらいことや失敗談
・会社の雰囲気
・入社前後でのイメージのギャップ
・会社案内の内容でわからない点
・他社情報、業界動向について
・社員教育、異動、転勤について

・就職活動について
・どんな自己PRをしたか
・エントリーシートや筆記試験対策について
・面接で聞かれたことやアピールしたこと
・苦労したこと
・他のOB・OGの紹介依頼
・エントリーシートの添削のお願い


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です