女性と男性の染色体の違いと性ホルモンの作用

染色体のイラスト

染色体は、遺伝子DNAが折りたたまれて内部に格納される器官です。
人の細胞には母親からの染色体23本と父親からの染色体23本の計46本があります。
このうち45番目と46番目の染色体が「性染色体」と呼ばれ、人の性別を決定します。

性染色体は形が特徴的で、一種がX型、もう一種はY型です。
女性の性染色体はXXの組み合わせ、男性はXYの組み合わせです。
母親からの染色体は常にX方ですから、父親からの染色体がX型であれば女性、Y型であれば男性になるのです。
このY型染色体の上にあるDNAうえに「性決定遺伝子」があります。
「性決定遺伝子」は精巣を作る働きがあります。
精巣ができると男性ホルモンが生産されて男性になるのです。


女性の生殖細胞は「卵」で、男性の生殖細胞は「精子」です。
いずれも減数分裂という染色体が半分になる過程を経ていて、もとの細胞の半分の染色体を持っています。
女性の卵巣でできた卵細胞はおよそ月に1回、卵巣から放出されて、輸卵管を通って子宮へ向かいます。
この移動の過程でさらに2回の分裂をします。
細胞は4個になっていますが、このうち卵は1つだけです。
それ以外の3つは卵についている「極体」ち呼ばれるものです。
このとき精子と受精すれば染色体が46本になり、子宮内に着床します。

卵細胞は減数分裂の後期に当たる第二次減数分裂の半ばで、分裂を休止した状態で輸卵管を移動していきます。
この状態で、精子と出会わず受精しなければ、そのまま減数分裂を完了することなく死んでしまいます。
受精した場合には、精子の突入が刺激となって、減数分裂を完全に終了し、染色体が46本になるのです。

女性と男性の身体的特徴を分けているのは「性ホルモン」です。
これらはどれもステロイドホルモンで、脳内の視床下部や下垂体から指令が出て、卵巣や精巣でコレステロールから作られ、血液に乗って体中へ送られます。
そして、体中のいろいろな細胞や組織は、性ホルモンを感知すると女性の特徴や男性の特徴を表すように変化します。


性ホルモンのうち女性ホルモンの代表は「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。
男性ホルモンは「アンドロゲン」と総称されますが、最も知られているのは「テストステロン」です。

女性男性とも性ホルモンが細胞に作用する場合には、細胞膜を通過して細胞内へ入り込んで細胞内の受容体に結合してDNAへ作用します。

女性ホルモンは、乳腺や乳房の発達、皮下脂肪の蓄積などで女性らしい身体的特徴を作り出します。
また、排卵や月経周期とも密接に関わっています。

人は約一ヶ月に1つの卵を作ります。
この周期は脳で決められて、脳からの指令によって卵巣から排卵が起こります。
脳からの指令はホルモンによって血流を介して卵巣まで伝わります。
卵巣からは女性ホルモンが放出されて、その増減によって、赤ちゃんを迎え入れるべく子宮の粘膜を厚くします。
その必要がない場合には月経として子宮粘膜を一度はがし、新たな子宮粘膜を作る準備をします。

男性ホルモンは、性腺を発達させたり、ひげなどの体毛を濃くしたり、筋肉の発達、骨格の厚みや発達を促したりします。
女性でも副腎や卵巣でわずかならがテストステロンが産生され分泌されています。
女性の体でのテストステロンは陰毛を含む体毛の発毛に関与します。
男性の副腎でもテストステロンが作られていますが、精巣で作られる量に比べて微量なため、生理的な機能があるかどうかは不明です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です