ISSA(DA PUMP)の2008年の事故による大怪我(足の複雑骨折)の詳細とその影響


ライブツアーの3日前の事故

dapumpは2005年の宮良忍の飲酒運転事故での活動休止以降デビューから2004年まで毎年行っていた全国ツアーを行っていませんでしたが、2008年に行う予定でした、そのライブ開始3日前にISSAが事故で足をケガして中止になったようです。

この事故の詳細についてISSA本人はテレビで寝ずにリハーサルをやっていて、朝、台の上からバクチュウの練習を失敗して落ち、足があらぬ方向に曲がっていたそうです。

そこからは当然休業して長期の入院生活です。


足に広範囲のボルト

結果足は複雑骨折だったようで、再び歩けるようになるために膝から骨盤まで広範囲のボルトを入れて固定したそうです。

初め医者からは「ダンスはもう無理」と言われていたそうですが、ISSA本人のリハビリにより現在も踊り続けています。
入院期間も当初言われていたよりだいぶ短くなったとか。

ただ、まったく影響がないわけではないようで、右足の一部は動かないと言っていましたし、バクチュウなどのアクロバット系はできないようで2009年以降見ていません(2008年のone loveではバクチュウしてた)。
ダンスも若い頃より勢いがなくなってるように思いますが、2009年のサンダーパーティライブ以降は2014年のEvolution tour(ショッピングモールツアー)までほとんどdapumpとして活動していないので、年齢的な衰えとブランクによる衰えの方が大きい気もします。

それでも普通の人からするととても足を複雑骨折した人間の動きとは思えないくらいすごいわけですが。
12歳からダンスを続けているそうですから筋肉でカバー出来ているんでしょうか。

まぁダンスは激しく力強く踊るだけではないですしね。


新メンバー加入

DA PUMP ISSAの怪我復帰後、新メンバーが7人加入しています。
怪我が理由だけではないと思いますが、新メンバーにプロダンサーを7人も加入させたのは、怪我によりISSAがダンスを踊れなくなる、という懸念があったとも言われています。
ちなみに新メンバー加入前にオリジナルメンバーの玉城幸也が抜けていますが、玉城幸也本人は作曲などで裏方としてDA PUMPを支えていきたいと当時言っていたので、脱退は新メンバー加入や離婚問題とは直接関係ないと思われます。

ちなみにショッピングモールツアーの開始直前に脱退した山根和馬は元々俳優とダンスを両立していて俳優業を優先して脱退したと思われます。


事務所の損害

タレントが気にする事ではないかもしれませんが、ツアーともなるとDAPUMPメンバー以外のダンサーやバンドメンバーのスケジュールも抑える必要があり、3日前ともなると会場費用など多大な損害があったと考えられます。

DAPUMPの事務所は社長の方針で過去ブレイクして仕事が減ってきたタレントも給料を下げないそうですが、DAPUMPのISSAはかなり高給をもらっていたと考えられ、もしかしたら減給などもあったかもしれません。

なら新メンバー入れないだろうともなりますが、新メンバー加入直後にオリジナルメンバーの奥本 健がクビになっており、もしかしたら高給のKENをクビにして、フレッシュな新メンバーで再ブレイクを狙ったのではないかとも憶測してしまいます。

ただ、ISSAは唯一のボーカル兼DAPUMPの顔であるため、解散しない限りクビはないでしょう。
本人は60歳までダンス&ボーカルを続けるつもりだとか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です